スピリチュアル野郎の超常的日常

瞑想歴18年、チャクラ半開きのスピリチュアル野郎の超常的日常

8月21日の皆既日食がトランプ大統領の暗殺を起こす!?

明後日の8月21日に皆既日食がアメリカ全域に起きる。
占星術ではこの日食は悪い出来事を起こすとされる。

トランプ大統領の誕生を予言していたと言われる占星術師の隈本健一氏が、2017年中のトランプ大統領の暗殺の可能性を指摘している。特に、隅本氏はこの8月21日皆既日食前後に緊張が高まるとツイートしている。

確かに、トランプ大統領のホロスコープを見ると危険な座相が出まくっている。
同時にアメリカ建国ホロスコープにもヤバい座相が出ている。


今日のニュースでも、トランプ大統領を当選に導いた「側近中の側近」のバノン米大統領首席戦略官が突然解任された。一触即発の不穏なムードになってきた。

先週の8月12日にはアメリカ南部のシャーロッツビルで南軍のリー将軍の銅像撤去を巡って右翼グループと抗議グループが衝突して死者・怪我人が出る事件が起きた。

このバージニア州のシャーロッツビル近郊は、スピリチュアル共同体や霊能者が集まるアメリカの隠れたパワースポットの1つである。有名な「FBI超能力捜査官」ジョー・マクモニーグルもこのシャーロッツビルに住んでいる。

このパワースポットの町で全米を揺るがす事件が起きたのは、今後アメリカ右翼グループと良識派の対立がアメリカ全土に燃え上がり、アメリカ国家を分断する予兆かもしれない。


有名人・芸能人・話題の人物を占うスレ part58

56 :名無しさん@占い修業中:2016/11/11(金) 13:51:27.37 ID:AfJaXmzA
隈本氏が今~2017年中トランプの暗殺or暗殺未遂を占断したので
一応貼っておく
ユーザーアクション
フォローする

隈本健一@kumamotokenichi
記事のなかでも書きましたが、トランプ氏のチャートには、大変強い暗殺
の暗示があります。暗殺か暗殺未遂など、命にかかわる重大事件が発生する
可能性があります。また、すでに危険な時期にあり、2017年中は常に警戒が
必要です。


104 :名無しさん@占い修業中:2016/11/13(日) 07:29:29.63 ID:FFMVuKui
トランプの当選を当てた、と話題になってる
占い学校講師もしている占い師、隈本健一氏。
((占術夜話、平成28年夏季号)という冊子に
(トランプ大統領誕生の可能性)という記事を書かれていた)

隈本さんのツイッターでは(すでに、今から、2017年一杯はトランプは暗殺に気を付けること必要)とツイートされている。

でも、アメリカで巻き起こっているデモ
など見てると、暗殺、本当に心配だが、。
誰でも簡単に銃を持てる国だしね。
占い師でなくとも、そういう危険感じるよ。

トランプのネイタル10室双子座23度台の太陽(ドラゴンヘッドと天王星と合)と、射手座21度あたりの月(ドラゴンテイル合)のオポ配置に対し、就任式がある2017年1月20日頃より少し前にはトランシット魚座火星(トラブル、ピストルなどの意味も)が、ネイタル太陽にも、ネイタル月にも、スクエアになり、Tスクエア形成。
同じ頃にはトランシット土星はネイタル月通過じ、ネイタル太陽にはオポ形成し、いろいろ凶意があるといえばあるし、、。

皆既日食は、それが見えた地域の国のトップの変事の可能性暗示とも言われるが、2017年8月21日(アメリカ現地時間)に北アメリカ全域で見えるという、皆既日食は、獅子座29度台で起こり、トランプのアセンダントとぴったり重なる。
トランプのアセンダントにはネイタル火星合だからネイタル火星の上あたりで、皆既日食が来年8月21日(現地時間)に起こる。
ちょっと、不気味な配置と言えなくもない。


すでに起こった日食が、次の日食までの間に運勢的な影響を与えると言われるし、2017年8月21日(現地時間)の北アメリカで見える皆既日食がトランプのネイタル太陽や月に絡んでいるわけではなさそうなので、関係ないのかもしれないが、、。

あるいは、来年北アメリカで見える皆既日食は、アメリカという国が、色んな意味で力を失い、世界の警察などと言われた勢いが来年から本格的な凋落をしていくことを暗示しているような気がしないでもない。



隈本健一‏ @kumamotokenichi 8月14日

2017年8月22日午前3時31分(日本標準時)に獅子座28.9度で日食ですが、トランジットの土星も逆行から順行になるのが、2017年8月25日21時10分(日本標準時)です。2017年8月14日~9月2日の間は緊張がピークに達します。この期間を平穏にと願っています。

隈本健一‏ @kumamotokenichi 7月25日

トランプ大統領の太陽は双子座22.93度にあります。これに対してトランジットの土星がオーブ±2度以内でオポジションになるのは、2017年6月10日~2017年11月4日となります。この期間中にトランプ大統領に危機がやってくる可能性があると思います。



2017年のジョセフ・ティテル予言 後半 【トランプ大統領編】
http://matrix80811.blog97.fc2.com/blog-entry-732.html


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ人気ブログランキングへ

日本が戦争に負けた本当の理由 【再掲】

最近、NHKが731部隊やインパール作戦の番組を報送して一部で話題になっている。

安倍政権御用達と揶揄されるようになって久しいがまだ良心的な報道人も残っているのだろう。

2010年4月に書いた記事を再掲したい。


長い間、日本が何故あの狂気としか言いようのない日中戦争~太平洋戦争を始めたのか分からなかった。先日、古川愛哲著の「坊ちゃんと日露戦争」(徳間書店)を読んでやっと謎が解けた。

昭和天皇が戦時中に語った言葉がある。

「志那(中国)が案外に強く、事変の見通しは皆があやまり、特に専門の陸軍すら観測を誤れり」(1940年10月12日)

「日本は志那をみくびたり、早く戦争を止めて、十年ほど国力の充実を図るが尤も懸命なるべき」(1941年1月9日) 

ここで問題なのが、なぜ日本が中国を見くびっていたのか、軍部さえ予測を誤っていたのかである。



19世紀末、朝鮮は腐敗の極みにあり、国家の体をなさない状態であった。また、18世紀から欧米列強に痛めつけられ腐敗した清朝は弱体化していた。そこに資源を持たない日本が付け込もうとしていたのだ。

明治維新により日本の近代化を成し遂げた明治の政治家達は、欧米の国々に習って植民地を確保し、ゆくゆくは植民地からの上がりで日本を食っていけるようにしようと考えたのだろう。そこで彼らは植民地に対する優越感を次世代に植え付ける為に、朝鮮や中国を侮蔑する教育を小学校で行ったのだ。

「高等小学校を出る前の年(明治27年)には日清戦争が始まった。敵国人は劣等民族で、まともにシナ人と呼ぶ者はなく「チャンコロ」とか「チャンチャン坊主」と呼ぶことになったいた。」 (山川均)

「私たちはこの戦(日清戦争)の始まるその日まで志那人を悪い国民だとは思っていなかったし、ましてや志那に対する憎悪というものを少しもわれわれの心の中に抱いていなかった。(中略)戦争が始まると間もなく、絵にも唄にも志那人に対する憎悪が反映してきた。」(生方敏郎「明治大正見聞記」中公文庫)


この頃のある清国留学生の体験談である。「ある日、(小学生の少女が)部屋に来てとつぜん、壁にかけてある中国の地図を指して、それは将来日本のものだね、と言った。はっとして聞き返すと、だって日本の兵隊さんが強くてシナ兵は弱く、そしてシナ人はだらしなく亡びるんだって、亡びたらシナも日本のものになるんだって先生が教えたもん、と答えた。私は腸が煮えくりかえり・・・」

日本中の小学校でこうした洗脳教育(マインドコントロール)が行われた。その成果はめざましく、日本中の少年少女が愛国心に燃え、東京では少年3人が中国人商人に石を投げ襲撃する事件が起こった。今だに根強く続く朝鮮人、中国人蔑視思想の始まりである。


だが、明治政府の殊勲達が予想しなかった事があった。この愛国洗脳教育が次世代の日本の指導者を毒し、彼らから広い国際的視野と客観的判断力を奪ってしまったのだ。そして、日清、日露戦争に勝利して、日本は神国であると彼らは本気で信じるようになった。日本は植民地なしでは生き残れないという明治政府の教育通りに、昭和の軍人達は「満蒙は日本の生命線」と言って中国を強引に侵略していったのだ。


中国人は世界で最も恐るべき戦略民族である。何千年もの間戦争や謀略の歴史から戦略戦術論を練り上げてきた。国民党軍のリーダー蒋介石が「日本はたぶん陸軍はソ連に向かい、海軍はアメリカを相手に戦うだろう。いずれをとっても破滅の道だ」と日本の行く末を予見していたように、中国人は当時の日本指導者より遥かに賢明であった。

しかし、中国人蔑視洗脳教育を受けて育った昭和の軍人達は完全に中国人をナメていた。「中国人はバカだからニーライライと言えば、のこのこ出て来る」中国大陸へ派兵された大日本帝国軍人の認識はそんなレベルであった。かくして、広い中国大陸で日本軍はゲリラ部隊に翻弄され、中国人民軍に包囲され負け戦の色を濃くしていった。


もし日本軍部が中国兵法の古典「孫子の兵法」に従っていれば、あんな無謀な戦略はしなかっただろうとよく言われる。戦線を徒に拡大し、戦局を長期化し国家経済を疲弊させた日本の戦略は、ことごとく孫子の兵法に逆らっている。中国を馬鹿にしていた昭和の軍人達は、中国兵術の古典など読むに値しないと考えていたのだろう。一方で、中国共産党軍のリーダー毛沢東は初期のプロシア戦術による敗北に学び、孫子の兵法による戦法に転換し勝利を収めていった。

日本軍部はノモンハンでソ連戦車部隊に破れ、中国で行き詰まり、英米に中国全面撤退を迫られ、ついにヤケクソの太平洋戦争を始める。大日本帝国軍首脳部に中国撤退という選択はなかった。なぜなら、彼らが少年期に施された「日本は植民地なしでは生き残れない」という洗脳プログラムには逆らえなかったからである。



毎年8月や12月になると、評論家がなぜ日本は戦争に負けたのかを雑誌上で論争しているが全く意味がないと思う。明治政府が洗脳教育を次世代に施し、彼らの判断力を歪めた時点で、もう次世代の戦争の敗北は決定していたのだ。


明治期の標語「富国強兵」は、実は「万国対峙」が4文字付いた「富国強兵万国対峙」であった。昭和の軍人達はその言葉に忠実に従い、世界を敵にして戦おうとした。洗脳教育が如何に恐ろしいか分かる。次世代を担う子供達に誤った教育をすると国を滅ぼすことになる。日本人はこの教訓を末代まで語り継ぐべきだろう。







日本を救った男!? http://matrix80811.blog97.fc2.com/blog-entry-156.html


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ人気ブログランキングへ

野獣を眠らせる気功師

You Tubeを見ていて見つけたのだが、気功で動物を眠らせてしまう神沢瑞至氏の動画である。

スペインの猛り狂った闘牛をおとなしくしたり、アメリカで数m以内に迫った危険なグリズリーを眠らせている。凄いとしかいいようがない。

人間にはまだまだ知られざる潜在能力があるのだろう。



これマジ:スペイン編、気療師神沢瑞至がスペイン最強の闘牛に挑む





これマジ:ケニア編:気療師神沢瑞至がサバンナの動物たちに挑む





これマジ:アメリカ編、気療師神沢瑞至がバイソン200頭に挑む





「特命リサーチ200X」気の力で動物を眠らせる、東京電機大町博士の調査





ヒストリーチャンネル:気療師神沢瑞至がアメリカンバイソンに挑む (英語版)





神沢瑞至氏は元々公務員をしていたが、1988年に突然気の力に目覚めたらしい。現在は東京で気功治療を学校で教えている。

上記の動画は1990年代初めにTVで放送されたようだ。

同じ頃に高塚光氏が手かざしで奇跡的な治療を行いマスコミで有名になった。

神沢瑞至氏や太田光信氏のような凄い気功師も当時TV番組に出たが、高塚光氏の影に隠れて世間にはそれ程知られなかったのかもしれない。




プロフィール

ニックネーム
神沢 瑞至
性別
男性
誕生日
昭和19年1月1日
血液型
A型
出身地
群馬県
お住まいの地域
東京都
職業
その他
職業詳細
気療塾学院 学院長
ホームページのURL
http://www.kiryoujyuku.jp/


自己紹介

1944 年1月 群馬県生まれ。明治大学法学部卒業後、公務員となる

1988 年1月 “気の力”に目覚め、人の病気・ケガに対し、癒し効果の存在を発見

1992 年4 月 本格的な活動のため公務員を退職。東京で“気の力”の研究と実践に専念

1996 年8 月 東京南青山に気療塾学院を開校

(神沢瑞至氏のあめーばブログより転載)




にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ人気ブログランキングへ

【拡散希望】 ダム決壊で松本・安曇野・大町が水没する!?その2

松本市街へ向かい、松本城へ行った。
無料のガイド案内があったので利用して城を案内してもらう。

お城の堀端を歩きながら、ガイドさんの解説を聞く。

ふと松本城の天守閣を見ると、悲しみの感情と共にまた鼻がツーンとして涙が出そうになる。

松本城の主だろうか?「悲しい・・・」という声が聞こえた。


松本城


松本城の天守閣に登り、市街を見渡した。

松本城 風景


むらさきしきぶさんが夢で見たような電車の走る風景は見えない。
ガイドさんによると、20年以上前なら天守閣から電車が見えたのではないかという。

むらさきしきぶ‏ @murasakiobasan 2017年6月11日

【夢メモ②】夢で見る時は晴れた日が多いのですが、どこかの和風の大きな建物の高いところにいるのです。和風というか、例えば日本お城のような、大袈裟に居言えば天守閣に入れてもらったようなくらいの雰囲気です。建物の外側が夢では見えないので、お城ではないのかもしれません。

むらさきしきぶ‏ @murasakiobasan 6月11日

【夢メモ③】四方の窓(木の枠組みでサッシではない)からは、遠くが良く見渡せます。もしかしたら、「違う時代の風景」が[「窓ごとに映っている」のかもしれません。いくつかの窓からは大きな海か湖のような青い水面と緑が茂った様子が見えます。しかし、違う窓からは、銀色の屋根が見えます。

むらさきしきぶ‏ @murasakiobasan 6月11日

【夢メモ④】その現代の様子が見える窓からは、電車が見えました。明らかに他の窓の緑と海か湖のような風景とは違うので、同じ場所で違う時代のことを見せられているような感覚でした。
自分としては青い水面は大きさからして海のようにも見えましたが、大きな湖なのかもしれません。



国道147号に乗り、松本から安曇野そして大町へ向かった。
横を流れる穂高川の川岸の木々からも絶望の波動が出ている。


松本市内


道に迷いながらも何とか大町ダムへとたどり着いた。
ダムの巨大さに、見た瞬間あっと声が出た。


大町ダム


ダム横の道を車で上がって堤防の上に出た。
大町ダムの堤防からは瀕死と絶望の波動が出ていた。


大町ダム 近景

ここで昼飯を食べようかと考えていたが、ダム堤防の波動が酷く消化に悪そうなので諦めた。

ダム下流の高瀬川の川岸の木々からも絶望の波動が出ている。
国道148号を白馬へ向かった。


木崎湖を通り越して、青木湖畔で車を止めて昼食を取った。
青木湖の主にテレパシーで聞いてみると、「多少揺れるが被害はない」という返事だった。青木湖周辺は水害はないようだ。湖周辺は波動もそれ程悪くなかった。



トンネルを抜けて白馬村に入った。
地元の霊だろうか。テレパシーで「滅びぬ」と伝わってきた。
道端の草木の波動も良い。白馬も水害は無いのだろう。

安曇野や大町の波動と比べるとまるで天国と地獄だ。
たかだか10数km走っただけでこうも波動が変わるものだろうか。


白馬からは国道406号を通って長野市街上流の裾花ダムへ向かった。


裾花ダムに着いた。ダム事務所に見学を申し入れて、ダム堤防上を歩く。
波動は非常に悪いが、深い悲しみや瀕死の波動ではなかった。


裾花ダム
m11.jpg


406号を進み、裾花川下流の草木を調べたが、強い恐怖の波動は出ているが絶望の波動ではない。
裾花ダムに事故が起きる可能性は高いが、破局的な決壊は免れるのかもしれない。


長野市内に入り善光寺に参拝した後、周囲を散策した。
長野県はワインの産地で、むらさきしきぶさんのツイートしたようなワインが沢山並んだ店があった。

むらさきしきぶ‏ @murasakiobasan 2017年3月25日

また、妙な夢を見ました。日本のどこかの駅前。ビルが多い大きな駅。服装は東京より厚着。地震の揺れで逃げ出す。困っていると、駅前のあたりに赤い四角の看板に英語以外の外国語のアルファベット表記。そこには、突然、細い入り口があり、進むと外国に来たのかワイン会みたいにワインだらけの店の中。


むらさきしきぶ‏ @murasakiobasan 3月25日

店の中の皆さんが狭い店だけど3階に避難しようと日本語で私に言うので、ワインの棚を見ながら3階に階段を登りました。店員さんはテキパキと椅子を運んでくれ 、ワインの棚が壁にあるから3階で待機してください。落ちてくると危険ですから。といって、みんなに、優しい日本語で話していました。

むらさきしきぶ‏ @murasakiobasan 3月25日

店の看板のアルファベット、「C」が多かったかなあ、と。



千曲市や千曲川周辺にも悪い波動が出ていたので水害があるかもしれない。
塩尻市は良い波動だったので恐らく被害はないと思う。


以上が、私の現地を廻ってみた調査結果である。
正直、自分の感じた事が全て間違いであればいいと思う。
他の霊能者の方々の検証を仰ぎたい。

私の考えが正しければ、松本市・安曇野市・大町市がダム決壊により水没する前に、滅亡の大きな前兆が出る筈だ。

もしそれが出たら、全てを捨てて逃げて欲しい。地震による洪水もカバーする保険に加入しておくべきだろう。


【拡散希望】 ダム決壊で松本・安曇野・大町が水没する!?その1
http://matrix80811.blog97.fc2.com/blog-entry-738.html



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ人気ブログランキングへ

【拡散希望】 ダム決壊で松本・安曇野・大町が水没する!?その1

長野の松本市周辺に大水害の可能性があると考え、現地調査に行ってみた。
私の波動感覚やテレパシー感覚で行ってみれば何か分かるだろうと考えた。


車で中央道から長野自動車道へ入り、松本へ向かって北上した。

松本から10km手前で左手のサービスエリアを通り過ぎた。安曇野と書かれた店の看板が目に入った。その途端に慟哭としか言いようのない激しい悲しみの感情が湧いてきた。しばらく運転を続けると感情は収まった。


松本インターチェンジの3km手前で、悲しみの感情と共に鼻がツーンとして両目から涙がこぼれ頬を流れた。こんな体験は初めてだ。



高速を降りて、松本市役所分署で道を聞いた。空を見上げると地震雲が出ている。

国道158号で梓川上流の奈川渡ダムへ行く事にした。

158号を進む途中で何度も悲しみの感情が湧いた。158号の横を流れる梓川の渓谷の森からは強い恐怖のエネルギーが出ている。やはり異変が起きているようだ。


稲核ダム
稲核ダム


稲核ダムと水殿ダムを通った。2つのダムからは深い悲しみのエネルギーを感じた。道端の草木を触ると絶望のエネルギーが出ている。


さらに進むと、奈川渡ダムに着いた。その巨大さに驚いた。ダム底がとても深く、覗き込むと足がすくむ。

m4.jpg


ダム堤防の上を道路が走っている。奈川渡ダムの堤防からは瀕死と絶望のエネルギーが出ていた。


奈川渡ダム 堤防上


この瀕死のエネルギーは以前に感じた経験がある。

2010年の11月に東京日本橋の日本銀行から出ていた波動だ。
その翌年の2011年2月に日本銀行から死の波動が出て、翌月3月に東日本大震災が起きた。


日本銀行の波動がヤバい
http://matrix80811.blog97.fc2.com/blog-entry-286.html


日本銀行が死んだ
http://matrix80811.blog97.fc2.com/blog-entry-324.html



日が暮れてきたので158号を戻って、途中の道の駅で車中泊する事にした。

夜寝る前に、「願わくばこの地を守りたまえ」と神に祈ろうとした。
すると「願わくばこの地を・・」から口が止まって祈れなくなり、「運命」の2文字が頭に浮かんだ・・・。



翌朝、「牛伏寺砂防ダムへ行け」と霊の声を聞いた。
車のナビを使って牛伏寺砂防ダムへ向かった。

ダム下流の渓流の林から強い恐怖のエネルギーが出ている。
牛伏寺砂防ダムからは瀕死のエネルギーが出ており、下流の2つの砂防ダムからは深い悲しみのエネルギーが出ていた。


牛伏寺砂防ダム


空を見上げるとまた地震雲が出ていた。

(次回に続く)



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ人気ブログランキングへ

«  | HOME |  »

FC2カウンター

プロフィール

スピリチュアル野郎

Author:スピリチュアル野郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

フツーの日常 (14)
楽しい音♪ (22)
サバイバル (3)
スピリチュアル (49)
オーラ (6)
未分類 (130)
祈り (15)
ヒーリング (16)
超能力 (14)
アセンション (15)
パワーストーン (0)
スピリチュアル芸能研究 (19)
占術 (32)
風水 (24)
波動 (8)
カルマ (10)
並行宇宙 (2)
開運研究 (8)
幽体離脱 (6)
武道 (2)
幽霊&怖い話 (36)
予言・未来予知 (235)
宇宙人 (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる