スピリチュアル野郎の超常的日常

瞑想歴18年、チャクラ半開きのスピリチュアル野郎の超常的日常

臓器移植で人格が変わる

臓器移植の手術を受けた患者は、手術後に性格が変わるという。
本も既に何冊か出版されている。「記憶する心臓 ある心臓移植患者の手記 
クレア・シルヴィア著」(角川書店)では次の内容が報告されている。

中年の女性クレアは、オートバイ事故で死んだ少年の心臓と肺の同時移植を受け
一命を取り留める。しかし手術後に性格が男性化し、歩き方まで男性の様になり
知り合った女性に言い寄られる羽目になる。
ジャンクフードだと以前は食べなかった、チキンナゲットとチョコレート菓子が
大好物になる。心臓と肺の提供者だった少年ティムの両親を訪ねたところ、ティム
はチキンナゲットとチョコレート菓子が大好きだった事が分かる。

また別の例では、人種差別団体KKK(クー・クラックス・クラン)の幹部
グランド・ドラゴンが腎臓移植手術を受けた。手術後に考え方が一変し
黒人に同情的になり、全国黒人地位向上協会に加わった。腎臓提供者は黒人
だった事が判明する。「臓器移植の精神医学的側面 オーヴェン・S・サーマン著」

何故こんな事が起こるのかは、現代科学では説明できない。スピリチュアルな
観点からしか説明できないのだ。

人間が死ぬと霊魂が肉体から抜け出る。だが肉体にはエーテル体(霊的鋳型)が
残る。エーテル体は気が流れる体であり、気によって構成されたエネルギー体だ。
このエーテル体には、その人の思考、嗜好、行動パターンが記録されている。
臓器移植するとエーテル体臓器も移植されるので、臓器提供者の資質が移植されるのだ。

なので臓器移植を受ける際は、提供者の性格等を調べてからにすべきなのだ。
極悪人の臓器を移植したらどうなるか、考えただけでも恐ろしい。
逆に、聖者の臓器を移植して一気にレベルアップという可能性もあるのだが。
何か三蔵法師の肉を食って、寿命を延ばそうとする西遊記に出てくる妖怪みたいな話だ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matrix80811.blog97.fc2.com/tb.php/180-24693df5

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

スピリチュアル野郎

Author:スピリチュアル野郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

フツーの日常 (14)
楽しい音♪ (21)
サバイバル (3)
スピリチュアル (49)
オーラ (6)
未分類 (130)
祈り (15)
ヒーリング (16)
超能力 (13)
アセンション (15)
パワーストーン (0)
スピリチュアル芸能研究 (19)
占術 (30)
風水 (23)
波動 (6)
カルマ (9)
並行宇宙 (2)
開運研究 (8)
幽体離脱 (6)
武道 (2)
幽霊&怖い話 (36)
予言・未来予知 (231)
宇宙人 (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる