スピリチュアル野郎の超常的日常

瞑想歴18年、チャクラ半開きのスピリチュアル野郎の超常的日常

兵器輸出と国家のカルマ

「ボウリング・フォー・コロンバイン」という映画が4年前にヒットした。
アメリカで1999年に起きたコロンバイン高校銃乱射事件の背景を描いた
ドキュメンタリー作品である。

この映画の中で、天才監督マイケル・ムーアは非常に面白い問題提起をしていた。
1つは、同じ銃大国でありながら、お隣のカナダには銃での殺人事件が極めて少ない事。
2つには、事件のあったリトルトンの町にある兵器会社ロッキード社と銃乱射事件の関係である。

この2つの問題もスピリチュアルに考えれば、簡単に解ける。
「自分の行為が、廻り回って自分に帰る」というカルマの法則は集団にも
適応するのだ。従って、世界の武器売却市場の全体の約半分を輸出する
世界一の兵器輸出大国アメリカには、国内での犯罪という形でそのカルマが
返ってくる。
 また、コロンバイン高校の生徒の親達の多くが、ロッキード社の従業員
だったという。遺族には失礼だが、仕事で作った殺傷兵器のカルマが、子供
を殺されるという形で返った可能性が高いのだ。

私の知人のアメリカ人は言っていた。「アメリカがミサイルを外国に打つ度に
ハリケーンやトルネードが国内で起きて家を吹っ飛ばす。我々がミサイル
で人の家を吹っ飛ばすから、その報いで家を吹っ飛ばされるんだ。」
道義なきイラク戦争の開始後に、アメリカ南部を巨大台風カトリーナが襲ったのは
偶然ではないのである。イラク戦争に派兵する国にも、同じ様に自然災害や犯罪と
いった形でカルマが返ってくる。

最近、非人道兵器のクラスター爆弾が日本から輸出されているという
新聞記事を読んだ。また、劣化ウラン弾は使用済み核燃料から作られる
のだが、劣化ウラン弾を製造しているイギリスのBNFL社は、日本で発生する
使用済み核燃料の再処理を行っている。日本で出来る原発のゴミが
海外で劣化ウラン弾に加工されているかもしれないのだ。
こうしたカルマもいずれは日本に何らかの形で戻ってくる筈だ。

ボウリング・フォー・コロンバイン http://www.gaga.ne.jp/bowling/top.html

クラスター爆弾:禁止条約作り  
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20070106ddm007030141000c.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matrix80811.blog97.fc2.com/tb.php/159-9fc41346

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

スピリチュアル野郎

Author:スピリチュアル野郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

フツーの日常 (14)
楽しい音♪ (22)
サバイバル (3)
スピリチュアル (49)
オーラ (6)
未分類 (130)
祈り (15)
ヒーリング (16)
超能力 (14)
アセンション (15)
パワーストーン (0)
スピリチュアル芸能研究 (19)
占術 (32)
風水 (24)
波動 (8)
カルマ (10)
並行宇宙 (2)
開運研究 (8)
幽体離脱 (6)
武道 (2)
幽霊&怖い話 (37)
予言・未来予知 (244)
宇宙人 (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる