スピリチュアル野郎の超常的日常

瞑想歴18年、チャクラ半開きのスピリチュアル野郎の超常的日常

原子力産業の深い闇

週刊現代の3/29と4/5号に、驚愕の記事が掲載された。
関西電力が運営する高浜原発の副所長が、地元の町長を暗殺しようとしていたというのだ。

関電は、プルサーマル計画(通常の原発でプルトニウムを混合したウラン燃料を使い発電する計画)
を推し進めていたのだが、計画に反対していた高浜町の今井町長が邪魔であった。
そこで、原発の当時副所長だったK氏が、発電所の警備を請け負っていた業者「ダイニチ」の役員2人に
今井町長の暗殺を命じたという。記事は、告発者の写真と実名付きで書かれ実に生々しい。

ダイニチが請け負っていた警備犬による警備事業を他の原発にも広げる事を条件に、
K氏はダイニチの役員に「あんたらで町長を殺ってくれんか」と命じたという。
結局、ダイニチの高浜原発での警備事業は、昨年に契約を打ち切られ、彼らは
この暗殺計画を週刊現代に告発した。

驚いた事に、この記事にマスコミは全く反応しなかった。巨額の広告主に対して
騒ぎ立てることは出来なかったのだろう。


原子力産業の殺人疑惑はこれだけではない。2005年の新潮45の3月号記事では
西村トシ子さんが、動燃に勤めていた夫の西村成生氏が自殺に見せ掛け殺されたと告発している。

動燃が操業している福井県の高速増殖炉もんじゅは、1995年の12月にナトリウム漏れ事故
を起こしたのだが、西村成生氏は社内での事故の内部調査を担当していた。そして、突然西村氏は
短い遺書を残して自殺したのである。

しかし、西村夫人が夫の死を調べると不審な点が次々と明らかになった。飛び降り自殺で
頭蓋骨が骨折と書かれた死体検案書に反し、夫人が手に入れた西村氏のレントゲン写真には
頭蓋骨の損傷は写っていなかった。そして、死亡確認時の深部体温は、明らかに自殺発生の
時間が、警察発表の午前5時より前だった事を示していたのだ。

西村成生氏は、もんじゅの事故とその隠蔽工作の露見の生贄として殺されたのだろう。


日本の核燃料サイクル計画が、破綻しているのは誰の目にも明らかだ。無理を権力と金の力で
通そうとし、原子力産業は殺人を平然と犯す所まで来てしまったのだろう。
一体、原子力発電を始めた頃のスローガン「自主、民主、公開の原則」はどこへ行ったのか?

東京電力の社長で「ミスター東電」と言われた木川田一隆氏は、テレビ、自動車、原子力は
人類を滅ぼす悪魔ではないかと言って、日本で原子力発電を始めるのに最初は反対した。
彼の予言は、ほぼ半世紀後に不幸にして的中した。

原発反対運動を科学者として行っていた故高木仁三郎氏は、核兵器の材料となるプルトニウムを
扱う事により、原子力産業は必然的に秘密主義と権力主義に陥ると予見していた。卓見であった。

現在、青森県の六ヶ所村では、原発が1年で出す放射能をたった1日で排出する再処理工場
の操業が行われている。これ以上の犠牲が増えない事を祈るだけである。


脱原発を訴える坂本龍一さんを囲んで: http://www.news.janjan.jp/living/0606/0606125943/1.php

スポンサーサイト

黒猫が目の前を横切る時

ある朝に歩道を歩いていたら、黒猫が目の前を横切った。
3mくらいの至近距離だった。これ程近くを黒猫が横切ったのは
初めてだったので、「う~む、何かあるのかな」と思ったのである。

その日はバイトに行って、倉庫で働いていた。
荷物をカゴに積んでいたのだが、カゴが歪んで閉まらないので
足で蹴って閉めていたのだ。足を後ろに振りかぶった瞬間、何かが足に当たった。
と同時に「危ない!」という大声が聞こえたのだ。

後ろを振り返ると、フォークリフトが真後ろにいた。私の振りかぶった足が
フォークリフトに接触したのだ。もう少し足が後ろにあったら、接触の
ショックで転倒して怪我していたかもしれない。

黒猫のジンクスは疑っていたのだが、本当なのかも知れない。
でも、そんな事言ってたら、黒猫を飼っている家やその近所は、年中不幸に
見舞われるんじゃないかという疑問もあるのだが。

心臓移植で自殺した男性

危惧していた事件がアメリカで起こった。
自殺者の心臓を移植した人が、12年後に自殺したのだ。
69歳のソニー・グラハム氏は、ショットガンで喉を撃って自殺した。

彼は1995年に心臓移植手術を受けていたのだが、その心臓は
同様に頭を銃で撃って自殺したテリー・コトルという33歳の男性の物だったのだ。
しかも、ソニー・グラハム氏は、心臓提供者の残された妻と恋に落ち結婚していたのである。

ソニー・グラハム氏は心臓移植手術を受けた後、心臓提供者の家族に感謝の手紙を書き
それが縁で故テリー・コトル氏の妻シェリルと出会った。ソニー・グラハム氏は
彼女との出会いを「ずっと昔から彼女を知っている様に感じた。とにかく彼女から目を
離すことが出来なかった」と語っている。

彼らは結婚後に他州へ引越し、6人の子供と6人の孫を得て幸せに暮らしていた。
自殺する動機がなく、アメリカのマスコミにより移植された心臓の記憶が
自殺の原因ではないかと騒がれたのである。

人間が死んだ後も、肉体にはその人のエネルギーが残る。このエネルギーが
臓器と一緒に移植されると、臓器提供者の想念、記憶、嗜好、行動パターンが移植されるのだ。

医者は医学的に有り得ないと否定している。現代医学は、脳だけが記憶を司る器官だと
信じているのだ。しかし、臓器移植手術を受けた患者の性格の変化が報告されたケースが
既にアメリカでは70例も文書で報告されているという。

この臓器移植による「性格の移植」が否定され続ける限り、同様の事件は起こり続けるだろう。


臓器移植で人格が変わる http://blogs.yahoo.co.jp/matrix80811/24861884.html

幽霊は柳の下に本当に立っている

深夜に、柳の木の下に立っていて「ウラメシヤ~」と言うのが、幽霊の典型的イメージである。
恨みの思いを引きずる幽霊は、柳の下に本当に立っているのではないかと考えるのだ。

柳の木は、恨みの念を打ち消すエネルギーを持つ。これを利用したのが、
バッチフラワーのウィロウである。このフラワーエッセンスは被害者意識を癒し
人を許す効果で知られる。

実際に、柳の木に触ってみると、恨みの思いが和らぐのである。
「水に流そう」の言葉通り、水には人間の感情エネルギーを浄化する効果がある。
柳は水辺に生える植物なのだが、感情エネルギーを浄化する水のエネルギーを
多分に持っているのだろう。

恨みに凝り固まって成仏できない幽霊は、柳の木の傍に行くと安らぎを感じるのではないか。
それで、「恨めしい」思いを持つ幽霊が柳の木の下に集まるのだと考える。

人を許す裏技として、柳の精霊に祈るというのがある。植物の精霊は
自然界において、人間の心を癒す役割を担っているらしい。誰かを許せない時に
「柳の精霊さん、私に○○さんを許させて下さい」と祈ると、恨みが消えるのだ。
お試しあれ。


最良の怒りの鎮め方 http://blogs.yahoo.co.jp/matrix80811/34959873.html

2008年の最も危険な10日間

この記事がシリーズ化するとは思わなかった。今年で3年目か~。しみじみ。

さて、毎年4月終わりの10日間は、地球の波動が荒れて事故が多発する
時期なのである。毎年同じ時に来る「波動の台風」と考えれば分かり易い。


今年も、どのような事が起きやすいか、西洋占星術で予測してみる。

まず、蟹座の火星と山羊座の木星の衝、それに牡羊座の金星がスクエアするTスクエアが
発生する。冗談抜きで、世界中に夫婦喧嘩の嵐が吹き荒れるだろう。特に、金銭を巡って
奥さん、ガールフレンドがヒステリーを起こし易くなる。この時期に浮気をしたら、
バレて深刻なトラブルになるだろう。また、子供も病気や癇癪を起こしやすい。
三角関係のもつれからの刃傷沙汰も発生するだろう。
家庭をお持ちの方は、くれぐれも御用心!

次に、ドラゴンヘッドと海王星の合が水瓶座で起きる。アルコールや麻薬中毒、精神異常者
による事件がおきるだろう。宗教テロや自殺も多発しそうだ。また、この時期に狂信的カルト団体
による事件、UFO、宇宙人の目撃やオカルト的ミステリー事件も発生するかもしれない。
疫病の発生も大いに有り得る。

このアスペクトは、去年の同時期に発生した魚座での天王星とドラゴンヘッドの合と全く
同質のエネルギーである。なので、再び石油の値上げが予測される。バイオエタノール燃料
の問題も再燃するだろう。

石油と欲望を描いた映画「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」は4月26日に公開されるが、
惑星のエネルギーの追い風を受けて、大ヒットするに違いない。


最後に、日本とアメリカのホロスコープを見ると、前述した2つの惑星のアスペクトが
かなり深刻な影響を与える。しかも、4月20日に起きる蠍座0度の満月が、日本ホロスコープ
の月と太陽でTスクエアを形成し、直撃ダメージを与える。

この時期に、日本にとって重大な国際的大事件が発生するかもしれない。
火星、木星、金星のTスクエアの影響もあって、それは国際的な大論争を引き起こすだろう。



最も危険な10日間     http://blogs.yahoo.co.jp/matrix80811/2916346.html

2007年の危険な10日間 http://blogs.yahoo.co.jp/matrix80811/31777723.html

西洋占星術で判る恋愛の相性 後編

火水風土の4つのグループの星座は、相性が合わない時でもそれぞれの
要素の性質を示す。

水と風の星座では、風が水に窒息させられるように感じる。水の星座の情緒と感情が、
自由気ままな風の星座には束縛となり、水の星座には捉えどころのない相手の心が
理解できない、自分を理解してくれないと感じるのだ。

火と水の星座では、文字通り火と水で、火の星座の興奮と活動志向が、水の星座の情緒、心理志向
と噛み合わないのである。

風と土の星座では、土の安定と風の気まぐれで2人の気持ちが合わない。土の星座は相手が
気まぐれ過ぎる、風の星座は相手が退屈すぎると感じる。

土と火の星座の組み合わせは、土の安定志向と火の活動志向が相反する。土の星座は相手の
無謀と計画性の無さに呆れ、火の星座は相手の地味さと積極性の無さに苛立つのである。

西洋占星術で判る恋愛の相性 前編

全部で12ある星座は、火水風土の4つのグループに分かれる。
このグループ毎の星座には相性がある。この星座同士の相性は
人間関係に作用し、特に恋愛関係では非常に重要になるのだ。

火の星座(おひつじ座、獅子座、射手座)に合うのは、風の星座
(双子座、てんびん座、みずがめ座)である。風が火を燃え上がらせるために、
火と風の星座が相性がいいのだ。風の星座のコミュニケーションと知的さが、
火の星座の興奮とユーモアを補い合うのである。

水の星座(かに座、さそり座、魚座)に合うのは、土の星座
(牡牛座、乙女座、山羊座)である。水と土が混ざり合うために、
水と土の星座が相性が良くなる。水の星座の情緒と感性が、土の堅実さと現実志向を補い合うのである。


伝統的な東洋の占星術師は、夫婦を作る際に同年代で反対の星座の者同士を娶らせるという。
星座が反対であると、山羊座と蟹座、双子座と射手座のように上記の土と水、風と火の
相性の良い組み合わせが自然に出来上がるのである。

実際に、正反対の星座のカップルを見ると、互いが全然正反対の性質を持っているので
当人同士学ぶことが多い。それに、互いに刺激を与え合うので、良い意味での
刺激に満ちた、エキサイティングな恋愛になる事が多いようである。


参照文献:ステフェン・アローヨ ”ASTROLOGY, PSYCHOLOGY AND THE FOUR ELEMENTS”
     「占星術と心理学と4つの元素」(日本語未訳)

川内康範氏とレインボーマン

川内康範氏が亡くなった。作詞家、作家、劇作家として活躍した人であり、
「月光仮面」の原作者で有名である。晩年は名曲「おふくろさん」の歌詞をめぐる
森進一とのトラブルが話題になった。

この人の人生はとても面白い。生涯助っ人を標榜して、一貫して「愛」を唱えた。
作った歌も「誰よりも君を愛す」「「骨まで愛して」「愛は惜しみなく」など
愛をテーマにしたものが多い。

月光仮面もキャッチフレーズが「憎むな、殺すな、赦しましょう」だった。
実家がお寺だった影響もあり、仏教を信じ曲がった事が嫌いな硬骨漢であったのだ。

戦後に太平洋戦争により東南アジアで戦死した兵士達の遺骨の引き揚げ運動を
身銭を切って始め、その縁で日本の歴代首相と交流があった。その一方で
憲法9条を守るべきだという信条を持ち、左派の竹中労と親交があったという。

私が子供時代に強烈な印象を受けたのが、川内氏の「愛の戦士 レインボーマン」である。
レスリング青年が妹の足を治す為にインドに修行しに行き、霊力を身に付け
レインボーマンになって悪の秘密結社「死ね死ね団」と戦うという筋書きである。

レインボーマンの師はダイバダッタと名であり、変身の時には
「アノクタラサンミャクサンボーダイ」という呪文を唱えていた。

大人になってから、ダイバダッタがブッダの弟子の名であり、変身の呪文が
般若心経の一節である事を知った。子供の私は、太陽月火水木金土の化身に変身し
超能力を奮い、悪い敵を敵をなぎ倒すレインボーマンに強烈に憧れたのである。

私がヨーガを修行しているのも、その影響があるかもしれない。
元オウム真理教の上祐氏も子供の頃、レインボーマンに憧れたらしい。
彼の信じたオウム真理教が、日本最大の悪の秘密結社になったのは皮肉なのだが。

このレインボーマンは、今から考えても凄い番組だった。死ね死ね団が日本を壊滅
させるために、偽札をバラ撒いたり、強力な麻薬を流通させたりするのだ。
今から考えると、これは北朝鮮が実際にやっている事なのだ。
死ね死ね団の首領のミスターKは、北朝鮮の首領の金正日に通じる。
先見の明があったとしか言いようがない。

川内氏は霊的に高い境地に到達しており、戦後の日本に愛と道徳の大切さを
教えるための人生を送ったのであろう。その業績を讃えると共に、ご冥福をお祈りしたい。

2周年

このブログを始めてから2年経ちました。
読んで下さっている皆様ありがとうございます。

最初はネタが10ばかりあって、書き尽くしたら
終わりかなと思ってました。ところが、書いている内にどんどん
アイデアが沸いてきて、記事を読み返すと自分でも
よくこれだけ書けたなと驚きます。

これからも目に見えない世界について書いていきますので
応援よろしくお願いします。

人間エッセンスの可能性

前々回に、感動の涙の波動はとても良いと書いた。

花やパワーストーンなどの波動の良い物から、エッセンスを作れる
のであれば涙や人間の体液からも波動水を作れるのではないだろうか?

例えば、赤ん坊に授乳中の母親の母乳から作った母乳エッセンスは
母親に愛されなかった人の心を癒す効果があるのではないだろうか。

犯罪者の悔悟の涙には、反省なき犯罪者の良心を目覚めさせる効果があるのでは?

勤務歴25年真面目一徹の肉体労働者の汗のエッセンスは、引きこもり&ニートの青年にやる気
を出させる効果があるのではないか?

誰かを見習えという場合に言われる日本古来からの言い伝え「誰々のツメの垢を煎じて飲め」
というのも、ひょっとしたら効いたりして、というのは冗談だが。

 | HOME |  »

FC2カウンター

プロフィール

スピリチュアル野郎

Author:スピリチュアル野郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

フツーの日常 (14)
楽しい音♪ (21)
サバイバル (3)
スピリチュアル (49)
オーラ (6)
未分類 (130)
祈り (15)
ヒーリング (16)
超能力 (13)
アセンション (15)
パワーストーン (0)
スピリチュアル芸能研究 (19)
占術 (30)
風水 (23)
波動 (6)
カルマ (9)
並行宇宙 (2)
開運研究 (8)
幽体離脱 (6)
武道 (2)
幽霊&怖い話 (36)
予言・未来予知 (231)
宇宙人 (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる