スピリチュアル野郎の超常的日常

瞑想歴18年、チャクラ半開きのスピリチュアル野郎の超常的日常

野獣を眠らせる気功師

You Tubeを見ていて見つけたのだが、気功で動物を眠らせてしまう神沢瑞至氏の動画である。

スペインの猛り狂った闘牛をおとなしくしたり、アメリカで数m以内に迫った危険なグリズリーを眠らせている。凄いとしかいいようがない。

人間にはまだまだ知られざる潜在能力があるのだろう。



これマジ:スペイン編、気療師神沢瑞至がスペイン最強の闘牛に挑む





これマジ:ケニア編:気療師神沢瑞至がサバンナの動物たちに挑む





これマジ:アメリカ編、気療師神沢瑞至がバイソン200頭に挑む





「特命リサーチ200X」気の力で動物を眠らせる、東京電機大町博士の調査





ヒストリーチャンネル:気療師神沢瑞至がアメリカンバイソンに挑む (英語版)





神沢瑞至氏は元々公務員をしていたが、1988年に突然気の力に目覚めたらしい。現在は東京で気功治療を学校で教えている。

上記の動画は1990年代初めにTVで放送されたようだ。

同じ頃に高塚光氏が手かざしで奇跡的な治療を行いマスコミで有名になった。

神沢瑞至氏や太田光信氏のような凄い気功師も当時TV番組に出たが、高塚光氏の影に隠れて世間にはそれ程知られなかったのかもしれない。




プロフィール

ニックネーム
神沢 瑞至
性別
男性
誕生日
昭和19年1月1日
血液型
A型
出身地
群馬県
お住まいの地域
東京都
職業
その他
職業詳細
気療塾学院 学院長
ホームページのURL
http://www.kiryoujyuku.jp/


自己紹介

1944 年1月 群馬県生まれ。明治大学法学部卒業後、公務員となる

1988 年1月 “気の力”に目覚め、人の病気・ケガに対し、癒し効果の存在を発見

1992 年4 月 本格的な活動のため公務員を退職。東京で“気の力”の研究と実践に専念

1996 年8 月 東京南青山に気療塾学院を開校

(神沢瑞至氏のあめーばブログより転載)




にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

だんな様は元医者で島津の殿様の子孫で極真空手をやっていた

時空の壁は結構薄い?という記事で「だんな様は霊能者」という本を紹介した。

00854-thumb-208xauto-20073.jpg

時空の壁は結構薄い?
http://matrix80811.blog97.fc2.com/blog-entry-679.html



先日、コンビニの漫画コーナーを見ていたら、厚い心霊マンガ本があったので
見てみた。その中に出てくる霊能者が「だんな様は霊能者」にそっくりだったのだ。


見えるんです


その人島津成晃氏は元医者で霊能者、奥さんの名前がくみというので、明らかに「だんな様は霊能者」のモデルである。


simazu.jpg


マンガを読んでみると言ってる事がまともというか非常に勉強になるし、ブログ見てみると波動が良い。間違いなく本物の霊能者だ。


sensei0.jpg

sennsei1.jpg


他にも監修したマンガが何冊も出版されている。


霊界1年生
12.jpg


島津成晃氏は鹿児島の島津家の殿様の子孫だという。
現在は東京在住でスピリチュアルカウンセラーをしているようだ。

ブログも島津氏のと奥さんのと複数ある。


Adept・Mentor 島津成晃の独り言
http://ameblo.jp/adept-mentor/


だんな様は霊能力者
http://kumisensei.blog21.fc2.com/


「だんな様は霊能者」は奥さんのFC2ブログを書籍化したもののようだ。



島津氏は極真空手をやっている。
「だんな様は霊能者」には、自分の体から分身をスーと出して、空手の組み手をやって練習していたと書かれている。


karate.jpg


私の知っている極真空手の先生は、試合でノックアウトされた時に前世の1つを思い出したと語っていた。
オカルトとは縁遠そうなフルコンタクト系の極真空手にも色々な人がいるものだ。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ人気ブログランキングへ

時空の壁は結構薄い?

我々はこの世に生まれて数十年の人生体験から、時間・空間というのは決して変えられない絶対法則だと思い込んでいる。

しかし、時空を超えたという話は探すと結構あったりする。私も超常感覚が身に付いてから、時空の穴はあちこちに開いているのかも?と考えるようになった。


9784309978840.jpg

「文藝別冊[総特集]花沢健吾 ヒーローなき世界を生きる」

ミュージシャン 峯田和伸へのインタビューより

峯田 :一番強烈に残ってるのは最後のほうの龍平くん(青山役の松田龍平)とケンカするシーン。
撮影も終盤で、ケンカのシーンは体力使うしケガもするり、本当は1日で終わらせたかったんですけど、途中で日が暮れちゃって終わらなくて、その時点で俺も龍平くんもへとへとだったんですよ。

で、次の日また最初から撮るんですけど、もうパンチは当たるし蹴りも入るし、何とか終わったはいいけど首がぜんぜん動かなくなってて。

でも次の日、最後の駅のシーン撮るんで茨城のほうにいかなきゃいけない。それで芸能人がよく行くという接骨院に連れてってもらったんですけど、全然効かなくて。どうしようかって言ってたらたまたま靖国神社があったんで願掛けでお参りに行ったんです。

そしたら、なぜか首が動くんですよ。んで、マネージャーの車で茨城へ向かったんですけど、高速乗ったら霧がバーッとかかってきて、「危ないからゆっくり行こうね」って言ってたら霧が晴れて、目の前の看板見たら目的地だったんです。

で、ハッと時計を見たら15分しか経ってなくて、普通に考えたら2時間半ぐらいかかるところを15分で着いちゃったという、ものすごいミラクルがあったんです。


―― :それは何というか、すごいですね。

峯田 :ちなみにこの話、映画公開のときにいろんな媒体の取材で話したんですけど、ひとつも載せてくれませんでした(笑)


ちなみに、「白い霧に包まれて、気が付いたら凄い長距離を短時間で飛行していた」というのは、大西洋のバミューダ海域でミステリー体験をする航空パイロットによくある報告である。



00854-thumb-208xauto-20073.jpg

「だんな様は霊能者」 くみ著 (ダイヤモンド社)


霊能力者は近道がお得意

「霊能力があって得したことってある?」
宝くじが当たるとか、危険を予知して助かったとか・・・。

「うーん、昔、パチンコが手打ちだった頃は、玉の進行方向を変えられた」
得したといえば、得なんだろうけど、今のパチンコ台ではダメらしい。

(中略)

「あと、そうだな、得したことといえば・・・・。ときどき、道が短縮する」

「たっ、短縮??」

「うん。たとえばね、昔、朝から栃木に出かけてて、大学で試験があるから東京に戻らなくちゃいけないことがあったんだ。なのに、高速道路でスゴい渋滞にはまってさ」

もう絶対、間に合わない!
「でも、気がついたら、試験を受けてたんだよ」

その間の記憶は不思議とないそう。その記憶がない時間、確実に距離は進んでいて、車もきちんと駐車場に停めてあったといいます。




黒住教の開祖黒住宗忠は悟った後に悟後の修行として吉備の五社参りと一千日参籠を自身に課し、毎日今村宮、白鬚宮、吉備津彦神社、吉備津神社、庭瀬大神宮にお参りしたという。

その行程を現代の研究者が自転車で回ったところ、黒住宗忠の回った時間ではとても人間の足では回れないと書いていた。
これも時空を超越していたのだと思う。



寺社へ参拝に行く度に思うのだが、神仏が本気出したらどの位の奇跡現象をおこせるのだろうか?

黒住宗忠は悟りを開いた聖者だったので奇跡を起こせるのは当たり前としても、霊能者に時空を短縮できるのならば、神仏には時空短縮など朝飯前なのではないだろうか?

峯田和伸の場合にしても、撮っていた映画は「ボーイズ オン ザ ラン」という駄目男の奮闘話であり、靖国神社の神様が本気出して時空を短縮し助けたとはとても思えないのだ。

サティア・サイババは「私には天を地に、地を天に変える事も可能だ」と言って、何もない空間から宝石や金粉を取り出した。

宇宙の根源(ソース)を一旦悟ってしまえば、3次元マトリックス世界のプログラムソースを改変して、どんな奇跡も自在に起こせるのかもしれない。私は神社で「何でもできるとつまらん」という声を聞いた事がある。

通常、絶対不可能だと思われている時間旅行(タイムトラベル)や瞬間移動(テレポーテーション)、平行宇宙間の移動、他の惑星や異次元世界への旅行も、一所懸命に神仏に祈れば適えられるのかもしれない。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ人気ブログランキングへ

ちょっと変な霊能者たち

霊能者といっても色々な人がいる。
中には変な人もいるのだ。


私はこれまで2人の変な霊能者に出会った。

海外のヨガアシュラムに住んでいた時に、ギリシア人の女性がいた。
やたら馴れ馴れしく良く喋る人で、霊能者として知られていたが変な人だという噂だった。

その人は会うと気さくに話しかけてくるのでよく立ち話をした。
「あなたの背骨を流れる白いエネルギーが好きよ」などと、体内エネルギーを透視されて、なるほどこの人は本物だと思ったのだ。

彼女は、自分の前世の1つは中世日本の悪い僧兵だと言っていた。

その人が前世リーディングをやるというので受けてみた。
セッションが佳境に入り、彼女が前世のビジョンが浮かんできただろうと言われるが、一向にビジョンが浮かばない。
これはダメだと彼女に中止を告げ途中退出した。

後で、そのセッションで高い線香を使ったので、線香代を払えと言われた。
線香代は払ったが、彼女とは少し疎遠になった。

日本に帰ってから、その女性が他の人の部屋を窓から覗き見してアパートを追い出されたと聞いた。


日本に帰国してから、友人に女性霊能者を紹介された。
透視能力で1人1人違ったマンダラを描き、前世リーディングしてくれるという。

そこでその女性に前世リーディングを観てもらい、マンダラを描いてもらった。
前世リーディングは思い当たる所が幾つも有ったので、本物だと思った。

彼女の施すエネルギーワークも実際に効果があったのだ。

彼女も一風変わっており、エキセントリックな所があった。
他の霊能者を「彼女は元々○○の精霊だから」と手厳しく批評したり、自分のボーイフレンド(?)を、「過去生で父娘だった時にあいつにレイプされた。気持ち悪い」とか言っていた。

ある時、友人に誘われてその女性の合同セッションに参加した。
単に彼女が私と友人の前世を次々を挙げて、「だから~なんだよ」と笑いながら話すのだ。

前世というプライベートなものを人前で茶化す彼女のやり方に反感を感じた。
それで何も言わず部屋を出た。以来彼女とは会わなくなった。

人格的に未熟な人が霊能力を持つと、悪意はなくても人を傷つけてしまう事があるのだろう。こういう人とは、「ちょっと変な友人」として少し距離を置いて付き合うのがいいと思う。  


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ人気ブログランキングへ

不食の時代がやって来る!?

俳優の榎木孝明氏が今年の中頃に30日間の不食を行い、以来メディアで話題になっている。彼は気功にも詳しいようで、今日のTV番組「クギズケ!」で「言霊気功」の実演を行っていた。


榎木孝明 30日間の”不食”生活




元裁判官の稲葉耶季氏や弁護士の秋山佳胤氏も、本やDVDで自らの不食体験とその効果を広めている。

1日青汁1杯だけで15年間生きている森美智代氏や著書「不食」で知られる山田鷹夫氏が有名だ。しかし、芸能人や法曹界の人で不食を行う人が出た事で、不食が可能だという事がこれまでより世に広く知られるようになった。

彼らによると肉食と乳製品をやめて食べる量を徐々に減らせば、不食は誰にでも可能だという。

食べる量を減らす事により生体内元素転換が活発になり、腸内細菌が変化して体が少量の食物に次第に慣れていくのがそのメカニズムだと思う。

不食の人々の体験とその思想を見ると、不可能だと言われたリンゴの無農薬栽培に成功した「奇跡のリンゴ」の木村秋則氏の思想に似ていると思うのだ。

私も今年中頃から食べる量を減らせ、肉食を止めろと内なる声に言われている。

もうすぐ飢餓の時代が始まり、ますます広がる放射能汚染で沢山の人が死んでいくだろう。

特に、「世の中金が全て」、「食い物がなければ人間生きていけない」というこれまでの世の常識に縛られた人達は社会の激変に対応できないと思う。

世の変化を余裕であしらい、次の文明を築くのはこれら不食の人達に違いない。


可能なるか!?不食で生き続ける人たち 1/3





可能なるか!?不食で生き続ける人たち 2/3




可能なるか!?不食で生き続ける人たち 3/3





にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ人気ブログランキングへ

ベトナムの燃焼系少女

ベトナムに発火の超能力を持つ少女が現れた。

ホーチミン市タンビン区在住の少女トゥイちゃん(11歳)の周辺で最近、原因不明の発火事故が相次いでおり、超能力者ではないかと話題になっている。16日付VNエクスプレスが報じた。

 家族の証言によると、先月からトゥイちゃんの近くにある家具などが突然発火する現象が発生し始めたという。発火現象はコンセント、洗濯機、マットレス、タンスなどから始まり、今月12日には自宅3階が全焼した。自宅が火事になったため、トゥイちゃんを親族の家に預かってもらったところ、今度は親族の家で発火現象が起こったという。

 トゥイちゃんは、「普段は熱を感じないけど、疲れたときは体温が急に上がるのが分かる。そんなときは、どうしてか分からないけれど、周りのものが燃えてしまう。このままじゃ不安だから何かの病気なら治して欲しい」と訴えている。

 ホンバン大学傘下の地上生物学研究所の専門家がトゥイちゃんに無線周波数干渉(RFI)検査を行ったところ、右脳半球に異常な周波数が観測されたという。また、エネルギー科学研究所および物理学研究所の専門家らは、トゥイちゃんの検査を行っていないため、発火現象の原因についてコメントは出来ないが、家族からの依頼があれば、原因究明に協力すると表明した。 (ベトジョー ベトナムニュース)



http://www.viet-jo.com/news/sanmen/120516035942.html

超心理学で念動発火能力(パイロキネシス)と呼ばれる超能力である。
この超能力は珍しい。

宗教の世界では、護摩に念力で火を付ける超能力護摩というのがあると言われる。
もしかすると、将来この発火能力を実演して見せる超能力者が現れるかもしれない。



現在、天王星が火の星座である牡羊座にあるので、火に関する変わったニュースが多くなる。以下はおすすめ記事のリンクである。

カキフライを電子レンジで温めたら出火した 低気温のエクスタシー http://alcyone-sapporo.blogspot.jp/2012/05/blog-post_6209.html
 
世界が注目する「桜島」。そして、地球にとっての火山噴火の意味とは In Deep http://oka-jp.seesaa.net/article/270266828.html



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ人気ブログランキングへ

遠隔気功

大分前の話だが、友人と気功の話をしていた。
その友人は鍼灸師で中国拳法や合気道を長年修行しており、
精神世界に非常に詳しかった。

彼が遠隔気功を師匠に習ったので、もし良ければ今晩実験してみようと言い出したのだ。
面白いので即座に同意した。家に帰り、約束の午後10時に気が送られてくるのを待っていた。

10時になると、気が送られてきた。ヒーリングを受けている様に気持ちよくなったのだ。
友人に「気が来た」と電話すると、今度はお前がやってみろと言う。
できるかどうか分からないが、とりあえずやってみる事にした。

友人の顔を思い浮かべて、気を送るように念じた。
しかし、突然の来客があったので実験を中止しようと彼から連絡が入ったのだ。
それ以来、私は遠隔気功にチャレンジしていない。

遠隔気功で来た友人の気は何か波動が粗かった。彼にそう感想を伝えると、遠隔気功の師匠が粗い波動の持ち主だったので、それを受け継いだのだという返事だった。

ところで、有名な気功師が地球の裏側にいた人に気を送ったという話がある。
気はビーム光線のように物理的に直進して送られるのではないようである。

意識する事により空間を超越して伝わるなら、気は時空を超越するエネルギー
ではないかという疑問が出てくるのだ。気功師が超能力や超常現象を発揮するのも、
その為かもしれない。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


 

新年を予言する年賀状

井村宏次という人は世間には余り知られていないが、超常現象や気の研究の大家なのである。1972年に「生体エネルギー研究所」を設立してから、一貫して超心理学やオーラ、気を研究し東洋医学・鍼灸治療術をも修めている凄い人なのである。

最近本屋で1980年代のフェアがあり、当時の超常研究の本が並んでいた。色々な本をめくって見たが,やはり今見ると内容が古臭い物がほとんどである。しかし、井村宏次氏の本だけは読むに耐えうるだけでなく、未来を予見した内容だったのに感心したのである。

井村氏は長年超能力を研究している内に、自身も予知能力が身についたという。彼の最新刊「危機を乗り切るための予言と超予測」(BNP)では、彼が新年の出来事を年賀状で予知し、高い精度で予知に成功しているという。

彼は、チェルノブイリ原発事故、阪神大震災をそれぞれ年賀状で予知する事に成功し、その結果は宗教学者鎌田東二氏により毎日新聞に紹介されたという。

井村宏次氏の今年の年賀状には何と書かれていたのだろうか?井村氏のファンサイト「井村宏次宴」に質問したが、分からないとの返事だった。誰か知ってたら教えて下さい。

念力とタイのお守り

人の念にはパワーがある。
波動を感じるようになると、念のパワーを感じるようになる。
念同士がぶつかり合うと念力の勝負が始まるのである。

私は感じるだけなのだが、見える人によるとボクシングの試合などで気が見えて、勝敗が事前に分かるらしいのだ。

先日に列で順番待ちをしていたら、横で並んでいた人の念を感じた。
私を前に行かせまいとする念である。どうぞと相手に先を譲ると念は消えた。

植物からも念を感じることがある。芽の出かけたジャガイモを切って料理しようとしたら、ジャガイモの切らせまいとする念を感じる。

人の念が攻撃的な感じがするのに対し、植物の念は柔らかい感じがする。人の念は、みぞおちのチャクラに影響を及ぼし、相手の行動を支配しようとする。植物の念は、頭に働きかけ思考を変えるようにするのである。

タイには仏像の形をしたプルクルアンというお守りがある。
このお守りはタイ仏教の僧侶が念を込めて作るお守りなのである。

私も1つ持っているが、感じてみると普通のお守りの神霊パワーでなく
確かに人の念パワーが入っているのである。


プラクルアン  
http://www.geocities.jp/minorbussanten/other/pura.htm

チャトゥカーム・ラマテープ狂騒 
http://www.waiwaithailand.com/series/gaya/70.html

蝶の超能力

今年は外で働く仕事をしていた。季節は春で、よく蝶が周りを飛んでいたのだ。
ふと思ったのだが、蝶というのは呑気にヒラヒラ飛んでいるが、よく鳥とかに捕まって食われないものだ。もしかすると、他の動物から身を守る特殊な能力を持っているんじゃなかろうか?

波動感覚を使って蝶を調べると、この世の生物ではないような浮世離れした波動をしている。試しに蝶を霊的に攻撃してやろうと思ったのである。向こうを飛んでいるアゲハ蝶を狙ったところ、急に視覚がおかしくなった。何か別世界に入ったような感覚がして、攻撃しようという意欲が消えたのだ。

思った通り、蝶には超能力があるらしい。蝶というのは、昆虫の形をした高次元生命体なのではないだろうか?私の攻撃の意図を察知して、高次元ビームを発射したに違いない。星闘士星矢でいうなら、アナザー・ディメンションという奴だろう。

神社仏閣に行くと神仏が蝶に乗って出迎えてくれるのも、蝶の波動が高いからに違いない。だが、蝶の超能力も昆虫採集の少年には効かないようだ。万物の霊長である人間には敵わないという事か。

追記:この記事を書く予定の朝にテレパシーが来た。「私たちは注目されたくありません。もう私達の事を書かないで下さい。」分かりました、もう書きません。

蝶々の祝福  http://blogs.yahoo.co.jp/matrix80811/44044217.html



ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。

精神世界ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

目からビーム!!

眼力とか目力(めぢから)とかいう言葉がある。
あの人には目力あるよねとか、視線や眼差しにパワーがあるという意味で使われる。

実際に、人間の視線にはエネルギーがある。
誰かに見られていると、見られている気配を感じるのである。

私のヨーガの修行をしていた知り合いは、このような体験を語っていた。
彼が師である聖者に会ったところ、聖者は彼と目を合わせた。
その瞬間に彼は至福の状態に入り、しばらくの間恍惚の状態が続いたという。
聖者は祝福のエネルギーを視線に乗せて送ったのだろう。

私も方向性は全く反対ながら、似たような体験がある。
ある日、商店街を歩いていたら、向こうから変なホームレスの爺さんがやって来た。
ホームレスと目が会うと彼はニヤッと笑った。すると、軽い目まいを感じ
頭痛がガンガン30分程続いたのであった。
ホームレスの爺さんは邪霊に取り付かれており、私を視線で攻撃してきたのだ。

人間は訓練しだいで、視線にエネルギーを乗せて送る事ができるのではないだろうか?
いや、程度の差はあれ、普段から私たちは視線で愛や憎しみといったエネルギーを放射しているのだろう。

中国拳法の達人が見るだけで人を倒したという伝説がある。
達人が川で釣りをしていたら、数人の拳法家が達人を倒しにやってきた。
達人が釣竿を手にクルッと振り返ると、敵は吹っ飛ばされたという。
達人は視線に気を送り、敵を倒したのだろう。



ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。

精神世界ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

暴かれた邪馬台国の秘密!?

学研のオカルト雑誌ムーの3月号に、注目すべき記事が掲載されている。
超能力者のジョゼフ・マクモニーグル氏が、邪馬台国と卑弥呼を遠隔視した
結果が書かれているのだ。

ジョゼフ・マクモニーグル氏は、アメリカ陸軍の超能力部隊養成計画に参加した
元軍人である。彼は軍の指導の元に、リモート・ビューイング(遠隔視能力)を開発し、
旧ソ連のアメリカ大使館の盗聴器発見など多くの功績を立てたのである。退役して以後
は多くのメディアに出演し、その超能力のデモンストレーションを行っている。

マクモニーグル氏によれば、卑弥呼は高い霊能力を持った巫女であったと言う。
彼女はその霊能力の故に畏怖され、現在の西日本全域を支配する部族連合の長となった。
卑弥呼は夏は奈良盆地の鳥見山に居住し、冬は山口県の豊田湖畔で暮らし、かの地で没した。

取材スタッフが奈良県と山口県で現地調査したところ、マクモニーグル氏の透視した
結果を裏付ける数々の一致が発見されたという。

マクモニーグル氏は卑弥呼の出身の部族名は「ヤマト」であった可能性が高いとはコメント
している。記事を書いた権藤正勝氏は、卑弥呼の一族が天皇家の祖先である可能性を
指摘している。これが本当なら、歴史上の大発見である。

調査は現在も進行中らしいのだが、この記事の波紋は予想を超えて広がるかもしれない。

霊能力の開発法


写真:フリー素材デジタル写真館 http://www.samcns.com/


オーラの泉の大ヒットのせいで、霊能力に憧れる人が増えている。
私も20代の若者に、スピリチュアルカウンセラーになるには
どうしたらいいかと相談された事がある。

スピリチュアルカウンセラーになるには、霊能力の素質が
ないと駄目だろう。そして、素質を伸ばす行法として、
最も効果があるとされているのが、滝行である。

江原啓之さんが、高尾山での滝行により、霊能力をコントロールできるように
なったという話は有名である。

明治期の行者浜口熊獄は、「エイエイパァパァ」の気合により万病を治し、
ヨーロッパに渡りキリストの再来と呼ばれた。彼も伝記によれば、主な修行は
滝行であったという。

私の知り合いが親しくしている九州の密教行者も数千日の滝行により
霊能力を持つに至ったと聞く。滝行には心身を浄化すると共に、
霊能力を高める効果があるのだろう。

スピリチュアルカウンセラー志望の青年には、江原さんの弟子になったら
どう?と返答しておいた。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ人気ブログランキングへ

母親の超能力

母親が心配性なのだ。
先日も電話で話したら、甘いものを控えろと言う。
父親も親戚の叔父さんも糖尿病になったから、うちの
家系は危ないと言うのだ。

いくら私が菜食中心の食事と適度な運動を心がけ、
ヘルシーな生活をしているか力説しても聞こうとしない。
「それでも、飲み物に入れる砂糖はスプーン1杯にしてくれないかねえ」
などど言っている。

翌日、外出して友人と昼過ぎまで話した。帰りがけに
豆腐チーズケーキの安売りがあったので、丸々1個買った。
家に帰ると、既に午後遅くなのでご飯を作るのも面倒くさい。
豆腐チーズケーキを冷蔵庫にあった昨日のケーキの残りと一緒に食べる。

次の日に、何故甘いものしか食べなかったのか、分かって愕然とした。
母親の「息子は甘い物ばかり食べていないか」という強い思い込みが現実化
したのだ。私は普段は甘い物だけで一日を過ごす事など絶対にしない。
本人の意思に反した現象を起こすのだから、これは立派な超能力である。

実は、私達は皆この想念による現実化能力を持っている。
ただ、私の母親の様に使い方を間違えている人が圧倒的に多いのだが。

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

スピリチュアル野郎

Author:スピリチュアル野郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

フツーの日常 (14)
楽しい音♪ (22)
サバイバル (3)
スピリチュアル (49)
オーラ (6)
未分類 (130)
祈り (15)
ヒーリング (16)
超能力 (14)
アセンション (15)
パワーストーン (0)
スピリチュアル芸能研究 (19)
占術 (32)
風水 (24)
波動 (8)
カルマ (10)
並行宇宙 (2)
開運研究 (8)
幽体離脱 (6)
武道 (2)
幽霊&怖い話 (36)
予言・未来予知 (235)
宇宙人 (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる